沖縄の離島や観光の情報が満載(DOR39)

久米エリア 離島観光に役立つ情報を紹介!
身近に感じられる沖縄の離島施設、イベントなどの情報が満載!

沖縄の離島ならDOR39 > 久米エリア 離島一覧

久米エリア離島一覧

language
language

久米エリアのいずれかの島名を選択して下さい。

久米エリアのいずれかの島名を選択して下さい。

久米島 奥武島 オーハ島

久米エリアのいずれかの島名を選択して下さい。

久米島 奥武島 オーハ島
久米島

詳細を見る

那覇市の西100kmの東シナ海に位置する久米島は、古くから海外交流の要所として栄えてきました。天然記念物指定のクメジマボタルが見られることでも知られていて、美しい水、サンゴの保全、植栽など、自然との共存を見直すような活動が活発です。また、久米島の渓流・湿地は、「ラムサール条約」の登録地として、平成20年に認定を受けています。他には、フライベントやマラソン、ロードレースなど、スポーツにちなんだイベントも恒例となってきました。
兼城港周辺は釣り愛好者、イーフビー...

奥武島

詳細を見る

久米島から東へ約800mに位置する島。明治時代初期、漁業者が移住し集落が形成された後、1983年に久米島と繋ぐ海中道路が開通しましたが、それまでは干潮時は徒歩、満潮時は竹馬や、漁船で行き来をしていました。島の入口に見所が集まっていて、ほとんどが畑で占められています。亀の甲羅を連想させる畳石や、海洋深層水を使用した温浴施設のバーデハウスが有名。バーデハウスの温水は、人肌の温度と同じ36℃に保たれていて、プール内を漂っているだけでとてもリラックスできるのでとっても...

オーハ島

詳細を見る

久米島から東へ約1.2㎞に位置する島。奥武島と隣接しており、東奥武島(あがりおうじま)とも呼ばれています。一時は人口が100人を超えていましたが、年々減少し、現在は住民が1人。島へ渡るには、一部船の通り道として深い箇所があるものの、大潮の干潮時だと股下ほどの水深を歩いて渡れるようですが、久米島からチャーター船の利用が一般的です。深掘される以前の話、かつての学生達は竹馬で海を渡って通学してたそうです。特に観光する所はありませんが、渡る場合、島内はハブが多いので十...

沖縄離島を検索

エリアを選択
離島を選択