沖縄の離島や観光の情報が満載(DOR39)

沖縄の離島39のウチナー黄金旅(くがにたび)
アイランダー・長嶺花菜の沖縄離島の旅を動画でご紹介します!

沖縄の離島ならDOR39 > ウチナー黄金旅(くがにたび)

ウチナー黄金旅(くがにたび)

アイランダー・長嶺花菜のウチナー黄金旅(くがにたび)

アイランダー・長嶺花菜による、個性豊かな沖縄の島々での黄金旅(くがにたび)を動画で配信します!

粟国島編

ウチナー黄金旅(くがにたび)~行こう39の楽園へ
「粟国島」

牧畜が盛んな粟国島では約70頭の黒牛たちのが、のんびりと放牧されています。 集落では昔ながらの赤瓦家屋や石垣、フクギ並木などどこか懐かしい島の風景が。 ダイビングや釣りスポットとしても人気が高くギンガメアジの大群を見ることができます。 最近では海底遺跡を思わせるスポットが発見され注目されています。 那覇市の北西約60kmの海上に位置し、南西側に海抜95.8mの高台がある以外はほぼ平坦な粟国島は、 映画「ナビィの恋」のロケ地としても知られています。 最近では特産物である粟国の塩の人気が高まってきています。

渡名喜島編

ウチナー黄金旅(くがにたび)~行こう39の楽園へ
「渡名喜島」

緑のフクギ並木に白砂の道。昔ながらの風景にまるでタイムスリップしてしまったかの様な渡名喜島の風景から黄金旅はスタート! おすすめBEST3の一つ、役場から「あがり浜」まで続く村道1号線、通称「フットライト通り」は夜になると太陽光発電によるフットライトの光がやさしく照らされ、幻想的な一面を見ることができます。 そのほか、島の特産品「もちきび」を使用した「もちきびちんすこう」づくりに長嶺花菜がチャレンジ! おまけとして、島に住む方のインタビューで島名の由来のお話があります。その由来からは、人の温かい「温もりの海郷(さと)」呼ばれる所以を感じ取ることができます。

渡嘉敷島編

ウチナー黄金旅(くがにたび)~行こう39の楽園へ
「渡嘉敷島」

渡嘉敷島は、那覇市から約32㎞に位置し、大小約30からなる慶良間諸島で一番大きい島です。 世界でも有数のダイビングポイントとしても知られ、1年を通じてダイバーが訪れます。また、2月、3月頃には繁殖の為に来る、ザトウクジラを見ることが出来ます。

座間味島編

ウチナー黄金旅(くがにたび)~行こう39の楽園へ
「座間味島」

那覇から約40㎞、慶良間諸島の中で渡嘉敷島と並び中心的な島です。 島の殆どが森林地域。また、ダイビングや、ホエールウォッチングのポイントとしても知られています。 島には野生の鹿が生息しており、日が落ちると集落にやって来ることもあります。

久米島編

ウチナー黄金旅(くがにたび)~行こう39の楽園へ
「久米島」

久米島は、那覇市の西方100kmの東シナ海に位置すし、古くから海外交流の要所として栄えてきました。 島の中央部分に連なる山地から海岸線に向かって穏やかな傾斜地が広がり、平地は耕地として使用されています。 県指定の無形文化財である「久米島紬」は評価が高く、また、数多くの遺跡が残る久米島は、歴史、文化、自然の調和したリゾート地として注目されています。

南大東島編

ウチナー黄金旅(くがにたび)~行こう39の楽園へ
「南大東島」

サンゴ礁が隆起して出来た隆起環礁の島である南大東島。 2013年5月18日全国公開の映画「旅立ちの島唄 ~十五の春~」の舞台となり、脚光を浴びています。 動画では南大東島の名物でもある岸壁からクレーンで船をつり上げる光景の他、バリバリ岩、星野洞、大池などの独特な自然の風景を紹介します。 みりん醤油の特性のタレにサワラやマグロを漬け込み、甘酢めしに乗せた南大東島の握り寿司「大東寿司」は島を訪れた際には是非お試しください。

沖縄離島を検索

エリアを選択
離島を選択